【Episode-05】エンジェルナンバー1111が導くツインソウルの軌跡が奇跡に変わる時

【Episode-05 第2話】ツインソウル覚醒のきっかけ、女性側が見た天使からのお知らせとは



【キャンペーン中!】
2018年秋冬の最新恋占いならココ!!



ココをクリックしてくださる
あなたに幸せが訪れるように
毎朝まーくんが念を込めています!
※TRUE HEARTS がその模様を確認済
↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 恋愛ブログ ソウルメイト・ツインソウルへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


written by ラピスラズリさん

 

前回は、私(=ラピスラズリさん)のツインソウルであるシトリンさんとの不思議な出会いのエピソードを、お互いのシンクロの内容も交えてお話させていただきました。

今回の第二話では、さらに話を進めていきたいと思います。

シトリンさんが入社して2ヶ月、めでたく彼が正社員となった秋の頃に、会社主催で毎年恒例で行っている、お客様と一緒に行くツアーが例年通り開催されました。

彼と私は、会社内でも業務の内容の都合で物理的にも近くにいることが多くて、このツアーでも業務上絡むことが多い流れになります。

一緒に、ツアー当日のタイムキーパー的な役割のスケジュール進行担当もしていたため、準備段階からずっと『2人で仕事を創っている感覚』がありました。

私の魂は、彼の存在を近くに感じるだけで、例年になくワクワクしていました。

 

ところが。。。

 

その楽しい気分を一変させるようなハプニングが起こってしまうのです。

ツアースケジュールの約半分が終わり、さてこれから皆さんで昼食交流会という矢先の出来事でした。

参加者全員での記念撮影を終え、昼食場所に向かっている最中、参加者の中で赤ちゃんを抱っこしていた女性が、ぬかるみに足を取られ、なんと赤ちゃんを抱いたまま転んでしまったのです。

赤ちゃんは無事だったのですが、お母さんの方は、赤ちゃんをかばうように思い切り体重をかけて地面に片手をついてしまったらしく、かなりの痛みを訴えられるのです。

私はすぐにその方の側に駆け寄り、介抱していましたが、彼女は顔面蒼白で、どんどん具合が悪くなる様子。

どうも骨折しているのではないかということになり、すぐに救急車を呼ぶことになりました。

私は、主催者側の人間として、救急車に乗り病院まで付き添うことにしました。

その後のツアーの進行は他のスタッフに任せ、私は救急車のリアゲート越しに、残ったツアーの参加者とスタッフを眺めながら、その場を後にしました。

現場に残るシトリンさんの姿も、私の視線は追いかけて、一瞬安堵して、一瞬寂しい気持ちになりながらも、ツアー主催者としての大きなミッションである「とにかく怪我をした参加者の方が、最小限の怪我で済むように」ということを願っていました。

でも、、、そのような事態が起こっている最中も、常に常に心のどこかから離れなかったのは、「彼のこと」だったのです。

病院で診察結果を待つ間も、無事を祈りつつも、なぜかシトリンさんのことが頭から離れません。

まるで気持ちが飛んできているような・・・

結局、その女性は骨折しており、近いうちに手術をしなければならないほどの重症でした。

ご主人が迎えに来られ、車で帰られるのを見送り、私はスタッフの迎えで会社へと戻ります。

家に帰宅し、自分の身を振り返る私。何か大きな出来事や、心に引っかかるような出来事があると、

 

((これは何の意味があったのだろうか))

 

と振り返るのが私の習慣になっています。

そして考えたのは、二つのことでした。

一つ目は、主催者側として当然ながら、会社の安全認識の甘さ。

今後対策を立てる必要があるということ。

そして二つ目は、天から私への何らかの決断を促すメッセージ。

これまで約二十年もの間、一度も大きな怪我や事故もなく行ってきたこのツアーは、参加者の方々にとても好評で、毎年とても喜んで頂けていました。

そんな中で初めて、まさかの事故が突然に起こってしまったのです。

いったい何故?

私はその日に起こった出来事を思い浮かべながら、自分の心に何度も問いかけました。

 

天からのメッセージ。。。

 

何故私がそのように思ったのか。

それは私が、「主人を差し置いて別の人を好きになっている」という事実に対して、今回の思いがけないハプニングを通して、天から「今後どうするのかと、決断を促されているのでは?」と感じたからです。

シトリンさんが入社してからというもの、私の頭の大半は彼のことで一杯であり、正直、主人に対して心が向かなくなっている自分をうすうす感じてはいました。

そんな心の状態のまま、現在の主人が経営している会社に、現在のポジションで私が存在することは、まかりならない―。

それなら、私はどうすべきなのか―。

考えに考え抜いた挙句、私は、とうとう代表である主人にこう伝えました。

 

「1年半後の3月31日に退社させてください」

 

と。

主人は、予想外の私の提案に対して、明確な「YES」も明らかな「NO」も言葉にならなくて、「少し待ってくれないか」というような反応しかありませんでした。

退社の理由として伝えたことは、もちろんシトリンさんのことには触れるわけではなくて、、、これまで家族としてビジネスパートナーとして、主人と一緒に仕事をしてきたつもりでも、何百回も悔しい想いというか、やりきれない気持ちになったことも大きな引き金になった、ということです。

SponsordLink

でも、当時の私は社内で多くの重要なセクションを担当していたので、しっかりと引継ぎスタッフを育てる時間を要する事を考慮し、1年半後と期間を定めました。

 

そして退社後は、一人どこかに姿を消そうと思っていたのでした。

自分の人生の一大決心をしてから数ヵ月後、あれは冬のよく晴れた日曜日のこと。

私とシトリンさんは、マルシェ(出張市場のようなもの)出店で、2人並んで店先に立っていました。

出会いからずっと私は、彼の側にいるとやたらと快活になり、ワクワクして心の中が幸せに満ち溢れ、世界が輝いて見えるのでした!

その日も、極寒の一日だったのにも関わらず、彼と一緒にいられることが嬉しくて嬉しくて、子供のようにウキウキしてお仕事を楽しんでおりました。

そんな幸せいっぱいのマルシェの最中に、とても不思議な、ギフトのような出来事がトントンと起こるのです。

ふっとテーブルの上に目をやると、それまでにはなかった「白い羽」が、どこからともなくふわりと、そのテーブル上に現れたのです。

どこかから落ちてきたというのが正解なのでしょうが、なにせ突然で、その瞬間私は、

 

(これはきっと、良い知らせ!)

 

と直感的に感じました。

白い羽を見つけてからの私は、ますますテンションが上がって、更に更に楽しい気分でマルシェを頑張っていました。

すると隣で出店しているパン屋さんが唐突に、「これ、あげる」と、思いもかけず私に渡してくれたのが、美男美女の俳優さんが、お着物姿で仲睦まじく並んで微笑んでいるA4サイズの紙を入れる柔らかいプラスティック製のクリアファイルでした。

しかもそこには、「おめでとう」という文字が。

よくよく見てみると、「明けましておめでとう」と書いてあったのだけど、その時の私には何故か「おめでとう」という文字しか目に入らず、「私とシトリンさん、二人のカップルにおめでとう!」と、こんな風にメッセージを受け取りました(汗)

  • 白い羽を見つけたこと
  • 美男美女の「おめでとう」と書かれたクリアファイルを急にもらったこと

その日に起こった2つの出来事が、まるで見えない誰かからのギフトのようで、私とシトリンさんの関係を祝ってくれてる存在がいるのかも という気持ちにさせたのでした。

何の根拠もないのかも知れませんが、理屈抜きに自分の魂が喜んでいましたから。

マルシェが終わり、家に帰って、「白い羽・意味」とググってみると、「天使があなたを護っています」という意味であることを発見し、

 

「やっぱりそうなんだ!」

「というと、私と彼のことを見守ってくださっている天使さんがきっといらっしゃるんだね」

 

と、またもやワクワクし、この日は幸せいっぱいな気持ちで床に就きました。

翌日の月曜日、私は営業の仕事で、まだ現れないお客様を待ちながら車中で空を何気なく見上げてみました。

すると目の前に、これまで見たことのないくらい大きな虹が現れました。

これも、きっと良い知らせ!なのかもしれない、とまたしても直感的にそう感じ、ワクワクしながら「虹・意味」とまたググる私がいました。

これもまた、天使の存在を知らせるものだという記事が。。。

この二日間に渡る、「天使の存在を感じさせる出来事」によって私は、何か大きな存在に導かれているのではと徐々に感じるようになったのです。

その出来事と前後して、私は「ツインソウル」という言葉を知りました。

たまたま友人のつてで会った方の口から「ツインソウル」という単語を聞いたので、気になって調べてみました。

“ツインソウルとは唯一無二の魂の片割れ“という意味を知り、色々調べていくうちに、飯田史彦先生の「ツインソウル」という本にたどり着き、すぐに手に入れ、貪るように読みました。

それから次々と、「ツインソウル」について情報収集をしていくのでした。

 

(もしかしたら、シトリンさんと私はツインソウルかも。。)

(そして、生まれる前に、約束してきたのかも。。。)

 

生まれる前のことなど思い出しようもないけれど、ぼーっとそんなことを考える私でした。

 

 

 

つづく

 

 

 

TRUE HEARTS から今回の作品へコメント

実は今、ラピスラズリさんは次の段階に向けて、三次元的な生活では馬力を効かせて日々行動に行動を重ねていらっしゃいます。

私(=TRUE HEARTS)が直接的にラピスラズリさんのためにできることは、ほとんどないのですが、いつもいつも、どんな時でも彼女のことを応援する気持ちでいます。

どれくらい応援する気持ちなのか、というと、ラピスラズリさんのファンクラブの会員ナンバー0番をゲットするくらいの強い気持ちです。

この前、ラピスラズリさんには「たこ焼き粉の笑える話」でなるべく笑い飛ばせるように、ハッピーな話題を二人で楽しみました。

そして今回の記事の編集に関しては、ジュピちゃんがサポートしてくださいまして、彼女にも感謝の気持ちでいっぱいです。

SponsordLink

記事の寄稿をしてくださったラピスラズリさん、編集サポートのジュピちゃん、ありがとうございます!m(_ _)m



【キャンペーン中!】
2018年秋冬の最新恋占いならココ!!




TRUE HEARTS と まーくん への
質問はこちらのLINE@に
お寄せください*^^*
↓↓↓↓

友だち追加



TRUE HEARTS オリジナル♡
『愛のメガ盛り』恋愛カウンセリング
詳細はコチラからどうぞ♪♪



ツインレイ男性がセックスを語る!!
大人気連載「THE SEX」



TRUE HEARTS の感動ストーリー
「ツインレイと再会した私の軌跡」



ココをクリックしてくださる
あなたに幸せが訪れるように
毎朝まーくんが念を込めています!
※TRUE HEARTS がその模様を確認済
↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 恋愛ブログ ソウルメイト・ツインソウルへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
ポチポチっとありがとうございます!





SponsordLink



シークヮーサーでキスできる唇になった
TRUE HEARTS の体験談♪♪



PVアクセスランキング にほんブログ村


-【Episode-05】エンジェルナンバー1111が導くツインソウルの軌跡が奇跡に変わる時
-, ,

ツインレイとの再会 INDEX

1
「ツインレイ(ツインソウル)との再会」作品INDEX&サイトマップ

【キャンペーン中!】 2018年秋冬の最新恋占いならココ!! ココをクリックして ...