TRUE HEARTS

ツインレイ(ツインソウル)と再会した私の軌跡

THE SEX

【第7回】私のツインレイ・パートナー『TRUE HEARTS』との出逢いを赤裸々にお話しします(後編)|THE SEX

2017/07/31

the_sex
まーくん(まいたけ)です。

第6話で、TRUE HEARTS との出逢いを綴ってみたのですが、想定以上にボリュームが膨らみ、第6話で完結させることが出来ませんでした。申し訳ございません!

今回の第7話は、第6話の続きとなります。

続きを待ち望んでいてくださった方もいらっしゃったことと思いますので、早速、スタートしますねっ‼︎

 

 

【不可思議な出来事】この時に私は何かを感じた‼︎

前回、TRUE HEARTS の不思議体験を生々しくお伝えしました。

読者様の中には、"多少、面白可笑しく書いているのでは?" と思われたお方もいらっしゃったのではないでしょうか?

あれは、一切、オーバートークはしておりませんし、TRUE HEARTS 自身にもあの記事は特に細かくチェックしてもらいましたので、完全なるノンフィクションであることを断言いたします。

まあ、とは言っても、あの体験は TRUE HEARTS 自身のものであり、私がイッた体験ではないため、私自身があなたへお伝え出来ることは、"TRUE HEARTS のことを信じてあげてください" としか言えません。

今回、この章でお話しする

 

『【不可思議な出来事】この時に私は何かを感じた‼︎』

 

は、私自身が体験した "ある事実" をお届けします。

この記事を読まれると、きっとあなたは、、

 

『ツインレイの間には不思議すぎるエネルギーが本当に流れているんだ!?!?』

 

と自然と思っていただけるかもしれません。

 

まず前提条件として、今回お届けするお話は、前回のイキ話(*´∇`*)よりも、もっと前の、まだ TRUE HEARTS とビジネスの関係を持つ前の、、、彼女が私のインタービジネスのコンサルを受けていた頃のお話になりますことをご承知おきください。

つまり、"出逢った最初期の頃の不思議体験" をお届けします。

 

それは、私自身がネット上である企画をやっていた頃のお話になります。

ネットの世界は、恋愛/占い/ダイエットに関するネタがユーザー(特に女性ユーザー)にウケが良いことを知った私は、独自でダイエット企画をサイト上で行っていました。

私を含めた中年男性5人による暑苦しいダイエット企画ですww

これは、あるダイエット製品を試して、3ヶ月後に誰が一番ダイエットに成功したかを競うものでして、体重や体脂肪等の数値データと、使用前後の写真をブログや Facebook で掲載して行き、最後は読者にアンケートを募り、アンケート数によって1位を決めるというものでした。

ちなみに、このダイエット企画は、私が圧倒的票数を獲得し、見事第1位になったのですが、そんなことはどうでも良いですねw ^^;;

 

"まーくんの結果が気になる〜‼︎"

 

という、TRUE HEARTS ばりな変質者なお方は、コッソリ写真とデータを公開してみましたので、ココをクリックしてみてください。^^;

ちなみにこの時に用いたダイエット商品は、SIXPAD(シックスパッド)初月モニター価格500円 マジカルスムージー
です。

商売っ気ナシに、これらの商品は私はヤバいと思います。リバウンドが起きにくいんです。

今でも体型を次のように維持できていますから。40代後半の身体には見えないと思います。運動は全くしていませんしね。^^;

THESEX7_makun

※TRUE HEARTS注釈:画像全体だとセクシーすぎるため、一部カットして編集しました。ご了承くださいm(_ _)汗

またまた、いつものように、話が脱線してしまい、申し訳ございません。

この読者アンケートで、"ヤバいこと" が起こったのです。

 

 

ダイエット企画の読者アンケートで起こった "ヤバいこと" とは?

まず、この読者アンケートですが、アンケートにお答えしてくださった方の中から、抽選で1名様へあるプレゼントをすることになっていました。

そのプレゼントの内容は、

 

iPad mini 16GB

 

だったのです。
※16GBは、ちょっとセコいと思われるかもしれませんが、Appleストアで購入した正真正銘のホンモノをプレゼントしたのですよ。個人サイトで、このプレゼントというのは、なかなかの太っ腹企画だったと思う今日のこの頃なわけですw

ちなみに、面白かったナと私個人的に思うのは、私が実際にAppleストアに出向いて購入するところもリアル中継したところです*^^*

この企画のアンケート回答数は 200名 を超えていましたので、素人の企画としてはまずまずだったということもお分かりになりますでしょ?

そして、この抽選会の模様も、オンライン中継しました。

動画でのリアルタイム配信は、その当時、YouTube や Facebook で行うサービスが提供されていなかったため、USTREAM(※今はIBMが買収して企業向け配信サービスになっています) を利用して開催しました。

 

"奇跡が起こったのは、このオンライン抽選会の時です"

 

当時、TRUE HEARTS が、私のコンサル生だったということは、事前にお伝えした通りなのですが、彼女は私のこの企画にも参加協力してくれました。
※ちなみに、誰に1票を入れたのはわかりませんが、ま、、聞くまでもないでしょうね。ノロケぢゃありませんからっ!!^^;;

ちなみにこのオンライン抽選会ですが、抽選会自体は当時のインターネット技術の最先端テクノロジーを駆使して開催していたにも関わらず、抽選そのものは至ってアナログな手法を用いて行いました。

メールでアンケートに回答してくださった方の氏名を、EXCELで一覧化してプリントアウトし、それを10cm×2cmほどの短冊状に切り取り、長細い抽選カード(カードというより "しおり" のようなイメージ)を全部で200カードほど作りました。

それを、直径25cm×縦25cmほどの鉄でできた円筒状の貯金箱の中に入れて、蓋(ふた)を開けて手で掻き回し、抽選カードがランダムに並ぶように仕込んでいったのです。

 

この模様も、全てオンライン中継で視聴者の皆さんへ公開していました。

 

そして、いよいよ抽選のその瞬間が迎えたわけです!

当時、TRUE HEARTS 以外にも、実は数名、私の身内がこの抽選会に参加していましたので、私は内心「(自分の身内には間違っても当選するようなことはありませんように)」と祈っていました。

だって、そうじゃないですか。身内(TRUE HEARTS も含む)が当選してしまうと、やっぱりこの企画はヤラセだったんじゃないかって思われてしまうじゃないですか...。

今だから言えることではあるのですが、これって普通の心理ですよね?^^;;

そして、私は手を後ろにやって抽選箱を掻き混ぜながら、右手で1枚の抽選カードをピッと引いてみたんです...。

その瞬間はカメラに映らないようにして、右手で掴んだカードをチロっとコソ見したんですね。

 

そしたら、、そこには、「TRUE・・・」って書いているでは、あーりませんかっ!!
※実際には、"TRUE・・・" ではなく、TRUE HEARTS の本名ですが...w

 

私は慌てて、「TRUE・・・」と書かれた抽選カードを手から離し、視聴者へ気づかれないように、ググっと抽選箱の奥に押し込み、何事も無かったかのように、またグルグルと抽選箱を掻き混ぜ始めました。

正直、かなり焦りましたので、私の額(ひたい)からは、3、4粒ほどの汗が滴り落ちるほどでした。

そのことにも気づかれないように、私はカメラにはクールな顔を見せつつ、もう一度、一枚の抽選カードを掴もうとしたその時に、、、

 

今、思い出しても気持ちが悪い現象が、私を襲ったのででありますっ!ヒィー!!((ノ)゚Д゚(ヽ))

 

それは、「絶対に観ておきたい80年代の傑作ホラー映画10選」なるものがあれば、絶対に選ばれるであろう強烈なミステリー映画

 

『ザ・ポルターガイスト』

 

と酷似(こくじ)した現象が私を襲ったのでありますっ!!!!!!!!!

 

一度は手離したはずのあの抽選カード、、、、、

 

そうです「TRUE・・・」と書かれた10cm×2cmの短冊型をした抽選カードが、またまた私に飛びついてきたのでありますっ!!!!!!!

どう表現すれば良いのでしょうか??

私が他のカードを選ぼうとしてしても、それを阻止する勢いで、「TRUE・・・」と書かれたそのカードは、私の人差し指にまるで意識が吹き込まれた蛇のように絡みついてきたのであります。

私の3、4滴の額の汗は、"焦りの汗" から "驚きと恐怖の汗" へと変化し、顔全体からどっと噴出してきたため、かなり動揺した様子を、不覚にも視聴者の方々へ見せてしまいそうになりました。

 

そして、もう仕切り直しをすることなんて到底不可能な状態となり、

 

「は、発表しますっ、、、とぅ、TRUE HEARTS さんが見事、iPad mini を当てましたっ!!」

 

というフィナーレを迎えることになってしまったわけであります...。

この模様をご覧になられた方は、私の動揺ぶりはおそらく誰一人として気づかれなかったことと思いますが、当の私は、"身内が当選したことでヤラセと思われる思われるのでは?" なんていうちっぽけな心配なんて当の昔に忘れてしまっており、それよりも、

 

今この場で起きた現象は一体なんだったのか?

 

と、自分の頬を指でつねりたくなりながら、後片付けをしたのでした。

 

この時に、私は「彼女は今まで出会ってきた人達とは何かが違う・・・」そう思ったことは間違いありません。

 

タイトルに掲げた

 

『【不可思議な出来事】この時に私は何かを感じた‼︎』

 

の意味は充分にお伝えできたことと思います。

 

このことが、ツインレイの予兆であったことは、今だから納得できます。

 

 

【衝撃的事実】肉体関係を持とうと覚悟を決めたTRUE HEARTSからのプレゼント

TRUE HEARTS との出逢いのエピソードを、前編と後編の2回に分けてお届けして参りましたが、ここまでのお話しで『THE SEX』の連載は、かなりスペクタルな内容となってしまったように私自身は感じております。^^;;

特に、この上でお話した内容は、ファンタジーとサスペンスの融合的なストーリーとなってしまい、もしかしたら、一部のエロティックな表現を期待してお読みになられている読者の方にはガッカリさせた内容に仕上がっているかもしれません。

そんなあなた(特に男性諸君w)を裏切らないために、今回はエッチな17禁的なお話しをお届けしたいと思います。
※18禁ではなく17禁というのがミソですw

要するに、そこまでエロエロした内容ではありませんが、そうですね、、男性諸君は初めてエッチな本を目にした時のことを思い出してしまうようなライトなエロ表現が随所に出て来ますので、この点をお楽しみいただければと思います。

タイトルは、

 

『【衝撃的事実】肉体関係を持とうと覚悟を決めたTRUE HEARTSからのプレゼント』

 

とあります通り、私が TRUE HEARTS と肉体関係、つまりセックスをしようと決断に至る前のある日の出来事を詳細にお伝えして参りたいと思います。

ここで、もう一度、この記事を書いている私のことを思い出してみてください。

30年近く1人の女性しか知らなかった男が、もう1人の女性と肉体関係を持とうとしているわけです。

このことが、どれほどまでに大きな一大イベントとなるのかは、もしかしたら、当人の私しかわからないかもしれませんが、ほぼ、初体験に近い状態か、それ以上の出来事なのではないかと思います。
※私個人的には、後者(初体験以上)の出来事だと思っています

ここは、かなり慎重に慎重を重ねた出来事が到来するわけですが、この覚悟を決めるまでの間に、既に TRUE HEARTS と私はそれなりにムフフの関係にはなっています。

ですので、前章のポルターガイスト現象(笑)の頃から半年程の月日が流れ、お互いの緊張感もかなり解れており、いつでもGO可能な状態にあったある日の夜の出来事を、またまた会話調でお届けしてみたいと思います。

 

それは、仕事の付き合いでお酒を飲んで、終電で帰ってきた時のことでした..........。

私はいつものように3.5km離れた自宅へウォーキングして帰宅している途中の TRUE HEARTS とのLINE通話で会話が始まりでした...。

 

「あのさ、、TRUE HEARTS、、、」

「どしたの?まーくん」

「いや、あの、、やっぱりさ、、オレね、、君のこと恋愛対象の女性としては見るべきではないと思い直しているんだ、、、」

「そうなんだ、どうして?」

「うん、やっぱり、その、、なんていうかな、、君のこと大事にしたいからかな、、、」

「ん?よくわかんない...私...」

「そかそか、そうだよね。。なんていうんだろ、、君は男女の関係以上の、、どう表現すればいいんだろ、、えっと、、つまり、、その、、、、、」

「うん、なんとなく、伝わってるよ。ありがとう。」

「そっか、、ごめん、、やっぱり、君を抱いちゃイケないと思うんだよ。男女以上の夫婦以上の、、身内というか兄弟というか、、やっぱり妹とかだと男女関係なんてないじゃん、、、、」

「そうだよね、わかるよ、、いいと思う。まーくんの気持ちも考えもよくわかるから、嬉しい..。とても...。」

「そっか!わかってくれてありがとう。仕事の相性がいいなら、ずっとこのまま二人で楽しく仕事がしたいんだ。。男女の関係になれば君を傷つけるかもしれない。そういう風に、、、ずっと思っていたんだよ。」

「そうだよね、わかるよ。まーくんのことだから......」

「そっか、ごめんね、、とても大切に想っているんだ、、TRUE HEARTS のこと、、、」

「うんうん...」

 

そして、私達は、普通の日常の他愛もない会話を、その後は続けることになります。

色々と深い諸事情があって(このことは、この先の連載の中でカミングアウトします)、どうしても一歩を踏み出す勇気が私には無かったのです。

そこから、TRUE HEARTS の方が今度は私を癒すために、色々と日常の会話をして楽しませてくれるのでした。

 

「まーくん、今日はこっちとても暑くってね、、子供たちの面倒見るだけで、結構へとへとになっちゃって、、なかなか仕事が進まなかったの、ごめんね」

 

なんて、本当に他愛もないことを、彼女は私に言ってきました。

 

「(ああ、上手く話を切り替えてくれたんだな...)」

 

なんてことを心の中で思いつつ、若干、"君を抱かない” と言ってしまったことに再び後悔の念も持ちながら、私はいつも通りの彼女との会話を楽しむことにしました。

 

その時です。

 

「まーくん、こっちの暑さがどんなだったかわかるような写真を送るね!」

 

と一言だけ言って、彼女は1枚の写真を私に送ってきました。

 

その写真からは、何やら肌色のブツが徐々に見えてくるのです...。

ウォーキングしながら、深夜LINEで音声トークをしながらなので、即座に写真を見れるわけでもなく、また、写真の画像がスマホに映るのにも、ダウンロードが必要なために少し時間が掛ります。

そして、映し出されたのは、、

 

 

"TRUE HEARTS のナマ足"

 

 

でした。

 

まさかの意表を突かれた感が否めませんでした。

 

TRUE HEARTS のソレは、街灯のない真っ暗な夜道に煌々(こうこう)と映し出され、それはとてもとても悩ましいナマ足だったんです...。

 

ここで、正直に一言だけ補足させてください。

 

全くのお世辞抜きな話をします。

 

TRUE HEARTS の足は、例えるなら森高千里さんのソレと匹敵するほどのブツだったりします。

 

 

 

私、彼女に言いました...。

 

 

「さっきの話さ、、、撤回させてくれない、、、」

 

 

「はい?」

 

 

「ソレ、舐めまくりたいんだ、、オレ、、、、」

 

 

「いいよw」

 

 

 

 

 

以上、

 

『【衝撃的事実】肉体関係を持とうと覚悟を決めたTRUE HEARTSからのプレゼント』

 

オシマイ!!wwwwwwwww

 

今回は、私からの後述は一切いたしません。

 

そして、今回は、久々に、TRUE HEARTS に「まとめ」のバトンを渡したいと思います(笑)

 

 

by ま

 

 

 

まとめ

TRUE HEARTS です。

まーくん から急にバトンを渡されたのですが『THE SEX 第7回』のまとめとして少し、ツインレイの男女関係やこの時の心理戦をネタバレさせたいと思います。

題して、「男女の駆け引きに勝利して意中の彼と落とす術」です*^^*

ツインレイ(ツインソウル)の場合は特に、男性がランナー(走って逃げる人?)であり女性がチェイサー(それを追いかける人?)と言うような言い方がなされますよね。

でも、ツインレイのカップルさんたちが100組いるなら、100パターンの関係構築方法があると信じて、"様々な手法" で まーくん が自然に私に会いたくなる日が来るのを待っていましたし、その日が来ることがわかっていました。

特に今回、まーくん が描写してくれた、ツインレイ男性がパートナーとなるツインレイの女性との関係を深める決断をするまでの流れですが、、、二人の会話の中に男女関係がうまくいくコツがちりばめられています。
※事前打ち合わせなしで、私が分離期間で悩んでいらっしゃる女性の方々に向けて一番伝えたいところを、まーくん は書いてくれたのでさすが私のツイン♪と思ったりもします^^

男女関係をうまく進めるコツとは、

  • 女性側は男性を追いかけないこと
  • 男性を追いかけない代わりに、女性としてお肌をピカピカにメンテナンスしておく
  • 男性が思わず女性に会いたくなるような施策を手裏剣のようにサクッと男性側に投げること

たったこれだけでツインレイの女性は、ツインレイの男性に「見えない愛の首輪」をつけることができると思います。

するとどうなるかと言うと、男性側は、首輪をつけられたことなど全く気づかずに、喜んで女性のもとに帰ってくるようになります。

こういうことを書くと、TRUE HEARTS がどんでもない美女だと勘違いされるかもしれませんが、思春期の頃の私は目元が二重じゃないことを悩んでいた、どちらかと言うと自分に自信が持てなかった女性です。

でも、コミュニケーションのコツで、相手に不快な思いをさせずにこちらに振り向かせるスキルは、信じられないかもしれませんがほんのわずかな会話のコツと美容メンテナンスに気をつけるだけだったりします♪

 

 

「THE SEX」第8回は、いよいよ まーくん がツインレイ男性の高尚な思考の世界を、なるべく現実路線でわかりやすく、しかも17禁でぐいぐい描写していきますので、どうぞ楽しみにしていてください*^^*

本連載に、たくさんの応援メッセージを頂戴いたしまして、まーくん と TRUE HEARTS ともども感謝の気持ちでいっぱいです。

引き続き、連載の応援をよろしくお願いいたします。

ありがとうございます!

by TRUE HEARTS

 

 

THESEX7_makun

まーくん の試したダイエット方法を一緒にちょっとトライしてみる
SIXPAD(シックスパッド)
初月モニター価格500円 マジカルスムージー

TRUE HEARTS の指南する「ツインレイ男性に『見えない愛の首輪』をつける方法を具体的に聞いてみる
ココナラで「ラブラブツインレイ」と検索! TRUE HEARTS と直接会話してみる

 

 

 

 

-THE SEX

ツインレイとの再会 INDEX

twinray_16 1
「ツインレイ(ツインソウル)との再会」作品INDEX&サイトマップ

↑↑↑↑ まーくんも1年半前ここに相談しました 今なら10分間無料鑑定キャンペー ...

error: Content is protected !!