TRUE HEARTS

ツインレイ(ツインソウル)と再会した私の軌跡

THE SEX

【第6回】私のツインレイ・パートナー『TRUE HEARTS』との出逢いを赤裸々にお話しします(前編)|THE SEX

2017/07/30


↑↑↑↑
まーくんも1年半前ここに相談しました
今なら10分間無料鑑定キャンペーン中!
仕事運&恋愛運、共にその後急上昇した
ことはご存じの通りですよね〜♪


ツインレイ TRUE HEARTS 公式サイトは今、何位?
↓↓↓↓
にほんブログ村 恋愛ブログ ソウルメイト・ツインソウルへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
応援よろしくお願いいたします!

the_sex

まーくん(まいたけ)です。

早いもので『THE SEX』の連載も中盤真っ只中の第6回目に突入しました。

この作品を、私はいつどこで手掛けているのかと申しますと、朝夕の私のオフィスの行き帰りの電車の中だったり、パソコンだったりと様々です。

但し、ラストのまとめと、私自身による記事全体の最終チェックは、パソコンで仕上げております。

そして、その後に、TRUE HEARTS による最終校正を実施して公開という流れで、『THE SEX』は生まれています。

最近では、ある読者の方から誤字・脱字等を見つけていただき、ご丁寧なメッセージも頂戴しております。

そう、『THE SEX』は、既にあなたとの共同作品だと私達は認識しています。

たった一言の言葉が世界中に伝播されていく素晴らしさを、あたらめて感じています。

さて、今回の第6回では、私の相方 TRUE HEARTS との出逢いについてお話ししたいと思います。

既に、公式サイトをご覧になっていただけているお方は、TRUE HEARTS の連載で、私達の出逢いについては、ある程度ご存知かと思います。
※私達がネットで出逢った 等

しかしながら、実は細かな部分は、どうしても TRUE HEARTS の連載の中では上手く表現出来なかったりします。

例えば、TRUE HEARTS は、私と真面目にスカイプ上でビジネスの話をしている最中に、幾度となくオーガズムに達し、スカイプ越しにイッてしまっていたことなんかは、おそらく初めて耳にすることだと思います。

テーマがツインレイだと、どうしてもこういった細かな描写(特にエロティシズムな部分)を記事化するには限界があるのです。

他には、私たちはネット上でのバーチャルSEXに楽しんでいるのですが、このことは、ツインレイ本体の連載の主旨から外れてしまうために、どうしても本体の連載のみで進める場合にはお蔵入りしてしまうネタとなります。
※ちなみに、バーチャルSEXについて、この先の連載で詳細をお伝えして参りますので、お楽しみに…^^;

ところが、この『THE SEX』だと、これらのネタは、連載の主旨と一致しているので、盛り込めるわけです。

このような理由から、今回私はこれまで触れることのなかった TRUE HEARTS との出逢いについて、赤裸々に綴ってみようと思ったわけです。

また、このようなことを赤裸々にお伝えする目的は、これから男性へのアプローチを真剣にやろうと思っているお方や、現在男性へのアプローチを行っている最中なお方に対して、かなり具体的かつ実践的なアドバイスにもなると思ったからです。

なぜなら、"浮気をしない"、"女遊びもしない" 私が、TRUE HEARTS に墜ちてしまったわけですから、自慢でもなんでもなくこのことは、TRUE HEARTS 自身の偉業だと思うのです。

 

(注)決して私自身が、キムタクばりなイケメンであると豪語しているわけではございません。むしろ、その逆でどこにでもいる普通のアラフィフ男性ですので、この点はご了承願います。

 

それでは、エロ満載な TRUE HEARTS との出逢いをお届けしますねw

今回は、目次から先にご紹介したいと思います。

  1. 【積極的な女】迫り方が他の女性とは全く違っていた TRUE HEARTS の大胆な行動とは?
  2. 【エロの神秘】私へのアプローチは TRUE HEARTS からのある行為の連呼だった
  3. 【不可思議な出来事】この時に私は何かを感じた‼︎
  4. 【衝撃的事実】肉体関係を持とうと覚悟を決めたTRUE HEARTSからのプレゼント

ちなみに、今回は記事のボリュームが膨れ上がってしまいまして、前編と後編に分けてお届けすることをご了承くださいませ。^^;

上記、1. と 2. を前編で、3. と 4. を後編でお話しいたします。

それでは、スタートしますね☆彡^_^

 

【積極的な女】迫り方が他の女性とは全く違っていた TRUE HEARTS の大胆な行動とは?

見出しタイトルをご覧になられて、あなたはきっと「TRUE HEARTSって、バリバリな逆ナン女なのね!」って思われたかもしれませんね。

まあ、そんなことはない、どちらかというと少女的な要素の濃い、恋愛に関しては至って奥手な女子であることは、TRUE HEARTS の連載をお読みいただけているあなたでしたら、"そんなのわかってますよ"って言われてしまうことでしょう。

そう、TRUE HEARTS は、男性とのプライベートなコミュニケーションは、至って非積極的なタイプです。

「あのオトコ、いいよねぇ~」って、女子達が話題にしても、まずその輪の中に入って行くことはありません。

ですので、私も含めて男性全般、彼女と接しても異性を感じることは、まず "無い" と思います。
※許せTRUE HEARTS、事実を話しているのだ。君の足は美しい。そのことは素直に認めるぞ。

まあ、日頃から、話し方もツンツンしてますしね。
※これは、あえて装っているそうです…。まあ、確かにベッドの中での声は、これでもかって位に七変化しますけどね。^^;

 

"じゃあ、何が積極的な女なの?見出しタイトルと一致してないし..."

 

と思われても致し方がありません。

答えは、

 

"彼女は、ビジネスに対して誰よりも貪欲(積極的)だった"

 

という訳です。

ここが実は、重要なポイントだったと今になって思います。

彼女が、単にアルバイト的な感じで私に近づき、一緒に仕事をすることになった間柄だったら、まず今の関係は築けていなかったと思います。

また、仕事上での出会いを問わず、セックスアピール的な近づき方をして来る女性にも、まず私は関係を持つことはあり得ません。

どんなに可愛くてもどんなに美人や美女であっても、神に誓ってありません。
※ここは、TRUE HEARTS も読んでおりますので、あえて意図的にオーバーな表現を用いております。良識のあるお方は、このあたりは行間を読み取っていただけますと、この後の文章もお楽しみいただけることと思います。し、真実のみをボ、ボクは届けているのでありますっ!^^;;;;;

ここで、私はどんな女性が好みなのかを暴露しちゃいましょう。

以下、条件を開示させていただきます。

  1. 年齢 : 20代後半から40代前半
  2. 職業 : OL

以上2点のみですw

AV女優さんを選ぶ時にも、この条件がデフォルト設定されています。

アイロンの掛かった白いシャツに膝上10〜20cmの黒のタイトなスカートを履いた仕事の出来るツンツンしたオンナに、堪(たま)らなくソソられます。

出来れば、明るめなブローした髪をアップにしてメガネを掛けているような女性がタイプです。

このルックスで、仕事もバリバリこなし、とても口説き落とすことが難しそうな女性が、いざ、夜の営みになると乱れまくる姿に、私は心踊らされます。

アップした髪をほどき、メガネを外して、白いベッドにストッキングのまま横たわる女性は、五つ星ホテルの一流シェフが調理したどんな高級料理よりも、私にとっては至極極上品なわけです。

そう、私は難しい問題に果敢に立ち向かって行くことを好むのです。

ビジネスもそうです。常に難度の高いものに、あえてチャレンジする気質が私にはあります。

その方が目標をクリアした時の達成感が計り知れないからなのですが、このことを異性に対しても持ってしまっているというわけです。

難しそうな女を手中に収めたい願望が強いのはこのためです。

ですので、簡単に落とせそうなオンナじゃダメなんです(ちょっとここの表現、タカビーっぽくて嫌いなのですが、話を分かり易くするためにあえて使わせてもらっています!(>_<))。

 

何が言いたいのか、分かりますよね?

 

私の理想とパーフェクトではないせよ、TRUE HEARTS は、このタイプの女性だったってことです。

彼女の貪欲に私からビジネスを学ぼうとする姿勢は、確実に私の心を鷲掴みにしました。

恋愛に発展しそうな女性には、積極的に話し掛けるようなことのない私ですが、一所懸命、前向きに自分自身と向き合いながら、自分のビジネスを持とうとする TRUE HEARTS に、私は時間の許す限りサポートをするようになりました。

もちろん、この時は、恋愛感情なんてありませんでしたし、彼女は家庭を持っていましたので、そんな彼女の家庭を崩すような行動を私が取ることなんてあり得ません。私は律儀にも、Skype越しに彼女の元旦那にも挨拶をしたほどなんです。

そして、彼女は、私のもとで誰よりも早く成果を上げて来ました。

私は、このことが嬉しくて、彼女に対しての恋愛感情は、0%どころかマイナスに傾いていたと思います。ビジネス・パートナー以外、彼女を捉えることは出来ませんでした。

ただ、徐々に不思議な感情が募って行ったことだけは覚えています。

それはそうですよね。

私の1日に占める彼女との会話時間の合計の割合が、ダントツ高くなっていましたので、普通の感情ではなくなること位、容易に想像付きますよね?

ただ、それは、何度も言うように、恋愛感情ではなく、不思議な絆で結ばれているような感覚でした。

もしかしたら、これこそがツインレイの感覚だったのかなって、今ならこのことを記事に書いていて思ったりしています。

 

 

【エロの神秘】私へのアプローチは TRUE HEARTS からのある行為の連呼だった

では、続いて私が TRUE HEARTS と関係を持つに至ったある出来事をお伝えしましょう。

ここは、TRUE HEARTS のプライベートに関わる部分が濃くなるため、彼女自身には他の記事以上に細かくチェックしていただきました。

それほどまでに、官能的な表現が多発しますし、それが彼女自身の恥ずかしい部分に触れてしまっていないか?ここ、重要なポイントだと思い、慎重に取り扱いました(私の心理、間違っていませんよね?女性の皆さん^^;)。

どうかあなたも、ポッと頰を染めてお読みになってください。

SponsordLink

 

ある深夜、彼女はSkype越しに、次のことを言い始めたのです。

 

「まいたけさん(※私のことです)私に入って来ていませんか…?

 

この一言、とても官能的なわけですが、私達は、深夜ナニをしていたのかと申しますと、モロに仕事の報告会をし合っていたわけです。

つまり、キンチョー感のあるチョー重要な打合せを、連日連夜、私達は行っていました。

しかも、、なんと!

私の隣には、私の会社の従業員も深夜残業している時に、突如彼女は前述した言葉を発してきたワケです。

いくら、中身が "どエロ" な私でも、心の切り替えが出来るはずもありません。それが例え、深夜0時を過ぎていてもです。

Skype越しに硬直している私に対し、彼女は、

「まいたけさん、私の話、聞いていますか?」

と平然と問い掛けて来るのです。

それでは、この先も TRUE HEARTS と私との会話を再現して、私の解説を加えてお伝えして参ります。

 

「き、聞いてるけどさ、、それって何なの?オレが君の中に入って来てる?って?意味不明なんだけど…」

「私の中に入って来て、私を何度も頂点に行かせていませんか?」

 

彼女も言葉を選んで私に言って来ていることは、なんとなく分かります。

ちなみに、私達はネット上で出逢い、ネット上でビジネスを展開しているのですが、Skypeは基本双方の顔を映しながら動画配信し合っています。

この言葉をマジメに発している彼女の顔は、ほんのり赤らめていて、Skype上からも火照(ほて)った身体をなんとか保持しようと体をクネらせた動きをしているのも分かりました。

 

(イッた後のような顔してるな…)

 

私は、内心そう思いつつも、平常心を装いながら、彼女に言葉を返しました。

 

「それって、エッチなことをオレは君にしているってことを言ってる?」

 

彼女は即座に答えました。

 

「そうですよ、ここのところ連続的に、夜になると私の中にまいたけさんが入って来ています。」

 

今度は、このように "質問" ではなく "断定的" に彼女は私に返して来たのです。

私は躊躇(ためら)いながらも、冷静に次の質問をしました。

 

「それって、いつから起きてる現象なの?」

 

彼女は、正確に次のように答えて来ます。

 

「3ヶ月前くらいから定期的にずっとです。」

 

驚いた私は、オウム返ししか出来ません。

 

「え!?3ヶ月前からずっと!?」

 

彼女は、淡々と話を続けます。

 

「そうですよ。毎日、夜になるとずっとです。特に、私がお風呂に入った途端に私の中に入って来て、まいたけさん自身が、多分、お風呂に入る時にもいつも私の中に入って来ています。」

 

もうここまで来ると流石に仕事の話どころでは無くなります。

私は隣に従業員がいることなんて視野から消え去り(お互いヘッドフォンをしている(従業員は何か音楽を聴いている)ので問題ないと判断)、彼女の不可思議な現象が何なのか?その真相が知りたくなりました。

そして、もういいや!と思い、今後は私から彼女へエロ的な言葉で質問しました。

 

「それって、オーガズムに達してるってこと?イッてるってこと??」

 

この私の質問で、彼女も吹っ切れたのか、この瞬間に身に起きているリアルな状況を言ってきました。

 

「イッてますというか、今もイキっぱなしです。ほら、今もこう…、、ア、アンッ、、……アッ…。」

 

「ヲ、ヲイッ、、((((;゚Д゚)))))))」

 

流石に、この時、ワタクシ、、マジで焦りました。(//∇//)

 

 

・・・実は。

 

このことが起こった1年ほど前に、私は Facebook 上て友達になったフィリピン人の二十歳の女性から妙に気に入られ、Skypeで友達になったことがありまして…。

Skypeで動画接続した瞬間に、私の27インチのワイドモニターにドンッと女性の性器が映し出され、このハタチのフィリピン女性から強烈にラブアタックを受けたことがあったのです。

「ヘイ!ユー!カマ〜ン!」

「プレーズ、ユア、カ〜〜〜ック!!」

"カック" とは、"コック" 、水道の蛇口のことですよね。

英語があまり得意ではない私ですが、この "アナタの水道の蛇口をちょーだい!!" が何を示しているのかは、容易に想像できました。

この時は、流石にズボンを下ろすようはことはせず、彼女のマスターベーションを一定の緊張感を持って鑑賞していました。
※私のコックは、完全に無反応だったことを念のために付け加えておきますw

私は何かのハニートラップだと疑ったのです。

(実際はそうではなかったようです…。彼女はその後も年齢相応の日常の出来事を可愛らしくFacebookに投稿していましたので…。)

話が脱線してしまいましたが、私がここで何を言いたかったのかと申しますと、この彼女の行為が何かの罠なんかではないことは明らかなわけです。

私をその気にさせて、ネット上で色エロなことを始めても、その後にその行為が録画され、不当な請求をされたり、エロサイトに投稿されて晒(さら)し者にされるようなリスクなんて微塵も感じませんでした。
※前述したフィリピン人のハタチの彼女の場合は、このようなリスクを感じたという訳です。それにしても、フィリピンのオンナの子、、クッキリした目鼻立ちをしたキレイな子でした 。。

 

゚A`)≡〇)`Д゚).・;'∴ボコ
左:TRUE HEARTS 右:まーくん

 

そ、そして、話を戻しますと TRUE HEARTS は、更に次のような解説を付け加えてくれました。
※イキながら…デス…(//∇//)

 

「最初はですね…、、(ハァハァ)……この現象って…、、(ハァハァ)……何かの悪霊の仕業かもしれないっ!って思ったんです…、、(ハァハァハァハァ)……」

 

"言われてみればそうだよな…" そう思った私は、息を飲んで彼女の話に耳を傾けつつ、次の質問を彼女に投げました。

 

「そうなんだ…(//∇//) そ、それで、それが悪霊ではないって、どうしてわかったの?」

 

この質問に対し、彼女は、次のように答えました。

 

「私、霊感ないし、どうしようって思いましたよ。取り憑かれるんじゃないかなって…。」

 

「うんうん…」(//∇//)

 

「そこで、私、以前、斉藤一人さんのところから、浄霊の方法(※)を教わっていたので、そのことを試してみたのです…。」
※TRUE HEARTS注釈:今は本業が多忙のためやっていません

 

まさかここで、斉藤一人さんが出てくるなんて、一人さんのことをご存知のあなたなら、驚かれたことでしょう。

彼女は、少し前に一人さんのところで開催していた愛弟子会にお世話になったことがあったそうで、そこで不思議なことやビジネスの基本姿勢を学んできたと言っていたのを、この時私は改めて思い出しました。
※斉藤一人さんは納税日本一でとても有名な大成功者なのです

そして、彼女は、続けて言いました。

 

「この方法で、過去に何度か浄霊したことがあったので、本当に霊の仕業だったら、すぐにこの現象は無くなると思ったんです。ところが、全く現象が治まるどころか、どんどんエスカレートして…アン、、まいたけさん、、ダメ、、、アン、アン、、」

 

「………」(//∇//)

 

確かに、私かも知れない。

 

この時、正直にそう思いました。

だって、私はこの時、10年以上も女体を知らない、セカンド・バージンな状態なわけで、私の潜在意識が無意識に彼女の女体を借りて、性的欲求を満たしているのかもしれないと思ったからです。

 

"それほどまでに私は女体に飢えていたのですが、誰一人として一度たりともその姿を見せずに耐えて来ていました"

 

このことは「THE SEX」の第2回目で、私が性的欲求に耐えて来た事実を包み隠さずにお伝えしています。

私は、TRUE HEARTS からの訴えに、その夜は冷静に対応し、夜も遅いから今日は寝ようと言って、Skypeを切りました。

こんな表現はネットでしか言えないと思うのですが..........その時の私の下着は、過去に類をみないほどに、ガマン汁でグッショリと濡れていました。

:
:
:

次の日の夜からは、毎回 TRUE HEARTS から私の無意識との営みの報告を受けて行くのでありました。

夜な夜な続く報告に、いつしか私は、彼女とリアルでセックスをしてみたいという気持ちも生まれ始めており、私がその気になれば彼女は受け入れてくれるだろうとも思うようになっていきました。

 

by ま

 

後編につづく)

 

 

 

ツインレイ男性が本音でセックスを語る!!
大人気連載「THE SEX」を
最初(第1回)から読みたい方はコチラ



ツインレイ TRUE HEARTS 公式サイトは今、何位?
↓↓↓↓
にほんブログ村 恋愛ブログ ソウルメイト・ツインソウルへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
応援よろしくお願いいたします!





SponsordLink




本業が多忙につき
大好評メニューのみココナラさんで再開♪

対面セッションだと
50,000円(税別)のところ
お気軽メール相談サービスなら
80%オフ!の10,000円!

【メガ盛り】3往復メッセージで
多くの方々に、おかげさまで
ご満足いただけてます♪♪
↓↓↓↓
実績600件以上!ツインレイ統合に必要な3つの習慣を伝授!再会を実現するあなただけの台本を作ります!
※「ラブラブツインレイ」と検索で
密かに人気爆発中の1日2名様限定
ココナラさんでTRUE HEARTSの電話メニュー
も探してね♪



夏の美肌習慣はシークヮーサーで♪
果皮エキス入りで最強アロマ効果抜群♪

私のシークヮーサー体験談はこちら


まーくんも1年半前ここに相談しました
今なら10分間無料鑑定キャンペーン中!
↓↓↓↓

仕事運&恋愛運、共にその後急上昇した
ことはご存じの通りですよね〜♪
※経験者は語る!!(武士の気愛)


-THE SEX
-, , ,

ツインレイとの再会 INDEX

twinray_16 1
「ツインレイ(ツインソウル)との再会」作品INDEX&サイトマップ

↑↑↑↑ まーくんも1年半前ここに相談しました 今なら10分間無料鑑定キャンペー ...

error: Content is protected !!