TRUE HEARTS

ツインレイ(ツインソウル)と再会した私の軌跡

「ツインレイ(ツインソウル)との再会」本編

【第26話】ツインレイ統合まであと1年のふたり③


↑↑↑↑
まーくんも1年半前ここに相談しました
今なら10分間無料鑑定キャンペーン中!
仕事運&恋愛運、共にその後急上昇した
ことはご存じの通りですよね〜♪


ツインレイ TRUE HEARTS 公式サイトは今、何位?
↓↓↓↓
にほんブログ村 恋愛ブログ ソウルメイト・ツインソウルへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
応援よろしくお願いいたします!

twinray8888

※第26話に入る前にちょっと会話を♪

現在、まーくん が精力的にツインレイ男性版の「リアルなツインレイとの遭遇体験」を振り返って、それらの経験を まーくん 視点の【making of シリーズ】と【THE SEX】という二つの作品として、おかげさまで連載開始していて、サイト全体のアクセスも再び急増しています。

読んでくださった方々、本当にありがとうございます。

去年、私たちがそれぞれの内面に抱えていた深い悩みを、孤独に自力で解決に向かって進んでいき、その解決手段が「宇宙を信頼してオーダーして、あとは任せるしかない状態」だったのですが、その経験が今あなたのお役に少しでも立てているなら、とてもうれしいです。

また、今現在このような体験ができていることを、タイムマシンに乗って深く悩んでいた去年の自分に会いに行って、「大丈夫だよ!2017年はすごくハッピーな年になるから!信じて進んでね!」と言いたいなって思いますし、どこかしらその声を当時の私たちは受け取っていたのかもしれません。

 

引き続き、まーくん の連載も進めてまいりますね*^^*

そして~!!

久しぶりの更新となった、TRUE HEARTS 版はアメリカ滞在中に印象深かった体験を「ツインレイ統合まであと1年のふたり」として①・②・③と作品内でシリーズにしまして、今回はその③のところになります。

こちらも、ゆっくりのペースではありますが、コツコツと書き進めていきたいと思います*^^*

 

 

ツインレイ(ツインソウル)との再会

【第26話】統合まであと1年のふたり③

 

白いシーツは少し厚手で、ホテルならではのなめらかな感触がしました。

ほんの10秒くらい前までは、ここに まーくん が座っていただけあって、人肌のぬくもりが残っていました。

 

「・・・どうしたの?なんか疲れてる?」

 

まーくん はちょっと微笑むような口調で、表面的には優しいなのですが、なんだか「わかりきってることをわざわざ声に出してきた」と受け取ってしまうような質問を私にしてきました。
※この時感情のジェットコースター状態だったため、私の心のキャパがものすごく狭くなっていました^^;;;

私は、強烈なイライラの感情が募ってきたことを自覚しました。

なぜなら、つい昨日はまるでデートのような2人だけの時間を持てたのに、今日は朝から急に冷たい態度を取られたように感じていて、しかもそのまま丸一日会えないで夜の11時をすぎてやっと会えたからです。

普段、日本にいるときは気軽に会える距離に住んでいないわけで、物理的に近いところにいる時くらいは、すぐ隣にいることはできなくても、、、一緒に行動したいなと思っていたからです。

でも、そもそもの話、こんな感情は私の自分勝手な気持ちでしかないのも頭では理解しているつもりだったからこそ、気持ちを抑えようとすると、なんだか泣きそうになってきてしまいたした。

「はい、まあ、、そうですね」

話そうとすると、本当に涙が出そうになっていたので、差し障りのない返事を無表情にするだけで精一杯でした。
※この時の私の無表情を、少し経ってから まーくん に指摘されることになります

しかもその時、部屋の中には まーくん 以外にもルームメイトの男性が他に2人いましたので、とにかく仕事モードを維持しないといけません。。

 

「明日さ、最終日だから朝からちゃんとみんなで参加できるといいね*^^*」

 

冷たい態度をとったかと思えば、こういう優しい言葉を投げかけてくる・・・いったいこの人は何を考えているの?と、好きな気持ちを投げ出したくなるくらい、私は強烈に まーくん に対して再びイラっとしました。

「、、、そうですね(。-_-。)」

一応返事はしたのですが、その先の会話を継ぎ足せません。

怒りの感情が、気を抜いたら一瞬で悲しみの感情にスイッチしてしまいそうで、そんな不安定すぎる感情の涙をこらえるのにやっぱり精一杯だったので、、、かなりぶっきらぼうな上に努めて無表情でいるしかありませんでした。

今、当時を振り返ってみても、その時の自分は精神的な余裕がほとんどない状態でひどかったなと思いますorz

 

「・・・・・」

「・・・・・」

 

言葉を何か繋がないとと、焦るわけでもなく、ただ沈黙が二人の間をゆるりと通り抜けていきます。

そのホテルの部屋は、ダブルサイズのベッドが3つ入ってもまだ空間にゆとりがあったので、大人の男性3名が寝泊まりしても心地よく使える広さでした。

でも、この空間に沈黙が横たわると、妙に居心地の悪い空気感が真綿で首を締めるような苦しさを伴って、私のところに跳ね返ってきます。

しかも、まーくん の方がもっと無表情なんじゃないのか?と思うほど、とってつけたような穏やかさと優しさ、それに言葉尻には気遣う雰囲気を醸し出しているものの、感情がそこに乗っかっていなくて義務的に応答しているようにも見えました。

部屋の中に二人だけなら、そのまま無言の状態でもアリだったのかもしれませんが、他のルームメイトもいたので、さすがに気を遣って私から話しかけることにしました。

 

「あの、まいたけさん、、明日の夜。。」

「ん?」

「よくよく考えたら、今回の参加者全員で晩ご飯食べてなかったと思うので、みんなで食べませんか?」

 

誰かが疲れて寝ていたり、タイミングが合わなかったりで、確かに私たちのグループ全員で夜に全員で食事する機会がありませんでしたので、そう提案しました。

「そうだね、、じゃあ、姫ちゃんのこともあるから、ここ(まーくんのホテルの部屋)でみんなで晩ご飯にしようか、明日」

そう答える まーくん は、まるでいつも通りの状態を演じているようでした。

 

そして、結局10分ほどで私は自分の部屋に戻りました。

まーくん の使っているベッドの感触が、じんじん痛いほど暖かくて、どうすることもできないジレンマが、私をその場の拘束から逃がす以外に、気持ちを消化する手段はないと思いました。

 

翌日は朝から晴れでした。

というか、アメリカ滞在中は天気にも恵まれて、海外旅行で必須携行アイテムベスト10に入りそうな雨具を、まさかの「NO持参」だったのは「最初から滞在期間は雨が降らないことを知っていた」と強気で言えそうなくらい、爽やかな秋の空でした。笑
※ただ単に雨具をスーツケースに入れるのを忘れただけです^^;;;

ホテルのフロントに、イベント会場まで車を出してもらうように頼んだら、ちょうど車が空いていて、待ち時間ゼロで吸い込まれるように順調に、イベントの開始時刻前にはそこに到着することができました。

その日は、私たちのグループ全員参加できて、なんだか久しぶりにメンバー全員揃ったねという感じでした。

そして、そのイベント中も まーくん はず~~~っと、なんとなく疲れたような口数の少なさと沈んだ表情が眠気を誘って、イベントで誰かが話している最中もイスに座って完全に寝ているようでした。

 

・・・どうしちゃったんだろう

 

何度も私はそう思うわけですが、本人に確認するタイミングを見つけることができずに、なんとももどかしい気持ちのまま、最終日のお昼までだったアメリカ滞在中の数日間のスケジュールはすべて終了となりました。

その後は解散となり、私はプラムさんや姫ちゃんとホテルに戻り、まーくん や他の男性陣もそれぞれに自由行動となって、夜がやってくるのを待つことになります。

私は帰りの荷造りに追われていて、一週間近かった滞在期間中で使った衣類や非常用の日本食など、なんとかキレイにスーツケースにまとめたり、お土産を買ったりと忙しく過ごしていました。

夕方になって、まーくん からチャットが来ました。

 

「ホテル戻ってきました。夕飯何時くらいからにする?」

 

時計を見たら17時をちょっとすぎていたので、そこから近くのコンビニまで買い出しに行くと告げて、まーくん たちの部屋には19時頃に行くと返事をしました。

アメリカに初めて行って驚いたのは、コンビニにはドリンクバーのようなものが設置されていて、カップのサイズが最大1リットルくらいのものまであるということです。

ほぼ、バケツです。笑

そこに氷を入れて、炭酸飲料をたっぷり注ぐと・・・丸2日間は飲めそうなボリュームで、「メガ盛りってお得感があって楽しいな♪」と思ったものです*^^*

日本のカップ麺も売っていましたが、そのお値段4ドルか5ドルくらいしまして、日本よりも高級品扱いのようで驚きました。
※一応「主婦のようなこと」を少しだけ経験していたので、お財布の紐は固いです。笑

SponsordLink

せっかくここまで来たのだから、と現地でしか買えないような軽食を姫ちゃんたちと選んで、ホテルに戻っていきました。

姫ちゃんは、お口で溶けて手で溶けないあのチョコのミント味をおみやげにするとチョイスしていて、異国のお買い物体験がとってもうれしそうで、私は彼女の笑顔を見て、アメリカに一緒に来れてよかったと思いました。

 

そして、買い集めた軽食を持って まーくん たちのいる部屋に行きます。

ホテルの部屋に設置された、幅60センチくらいの小さめの四角いテーブルの上に料理や飲み物を置いて囲み、みんなで談笑しました。

 

・・・実は。

 

アメリカから帰国後しばらくしたら まーくん のお誕生日がやってくるので、精神的な体調はものすごく悪かったのですが、なぜかサプライズのお誕生日企画だけは周囲の仕事仲間で、今回アメリカに行かない方々に声をかけて、「まいたけさん、お誕生日おめでとう」の動画を用意して私がアメリカに持ち込んでいました。

もともとイベント企画が大好きな私は、まーくん と出会う前から映画の自主上映会やネット上でも何かしらの企画をして人を集めて楽しいことをするのが趣味で、変な下心もなく、ただ単に まーくん に出会ってからも、イベントをクリエイトして楽しむ気持ちでした。

しかし、この行動が、まーくん に好意を持っていた女性たちからはあまりよくない行動に見えたようで、サキちゃんをはじめとする一部の女性陣から反感を買う一因となっていたのは否めませんし、彼女たちにもこのサプライズ企画に声をかけていたのですが、参加してきませんでした。

でも まーくん に気に入ってもらおうという気持ちなどゼロで企画したお誕生日サプライズ計画だったので、やましいことは何一つありませんでしたから、一部の女性から何を言われても受け合うことは一切しませんでした。。。。(遠い目)

 

どのタイミングで、その動画を見せようかと思っていたのですが、必然的にアメリカ滞在の最終日になってしまったように思います。

それで、食事が進んで来た時に、

 

「あの、まいたけさん、ちょっとこれ・・・」

 

と、まーくん が私にプレゼンしてくれた(=当選した)iPadminiにサプライズ動画を入れていたので、それを彼の手元に持っていきました。

事前に仕事仲間のパッチさんやピーターさんが、サキちゃんなどの人間関係のもつれの問題から、やむを得ず(?) まーくん にサプライズ動画の存在を間接的に知らせていたので、そもそも まーくん は私が隠れて動画を作っていたのは知っていました。
※私は動画編集が得意ではないので、専門の方に依頼して助けてもらっていました

それでも、「どれどれ」という表情で裏事情はさておき、みんながお誕生日おめでとうと言ってくれている動画を見て、何を想ったのかその後 まーくん はしばらく泣いていました。

人に愛を届けることは得意でも、愛されることに慣れていない まーくん が、こういうのに弱いことも私はなんとなく知っていました。

今振り返ってみると、性的な欲望を全部抑え込んで仕事にパワーが出ず、非常に苦しい気持ちなのが言動にすべて出ていたので、そういう面での解放を狙って一点だけある彼の急所を一回だけそっと治療鍼のように刺すような行動を、私は無意識に取っていたのかもしれません。。

 

その後の会話はあまり覚えていなくて、こちらにもその描写は書けないのですが、、、最終的には姫ちゃんが寝てしまい、まーくん のベッドを借りて完全睡眠モードだったので、部屋に戻ることになります。

 

まーくん が姫ちゃんを抱えて、私が自分たちの部屋の鍵を開けて、、、とその時にオートロックの部屋のドアが閉まってしまいます。

鍵は私が持っていたので、あとから来るプラムさんたちが入れません。

 

 

と、その瞬間。

 

 

実はこの時(というか、アメリカ滞在中も)、姫ちゃんの他に、私の子どもがもう一人いて、私たち家族3人と まーくん だけの空間になりました。
※姫ちゃんの下の子は男の子で、ブログネーム「ユウヒくん」ですが、ストーリーが複雑にならないように、これまで描写を控えていました

すっかり寝入ってしまった子どもたちをベッドに寝かせて、ふと見ると目の前に まーくん がいます。

しかも、何も物音がせず、無音の瞬間でした。

ものすごく近い距離に彼が視界に入ってくる状態だったで、「イヤだなぁ・・・」と思って避けようとしたのですが、まーくん が話しかけてきました。

イヤだなぁと思ったのは、彼のことを好きすぎるあまり、意識していない時に物理的な二人の距離が急接近することに全く慣れていなかったからです。

 

「TRUE HEARTS さん、、いろいろありがとうね」

「いえいえ、こちらこそ夏あたりは大変ご迷惑おかけしたので・・・」

「これからも、よろしくね」

「・・・はい」

 

まーくん はそういうと、握手を求めるように私に右手を差し出してきました。

この距離感、二人だけの密閉空間がとても怖いくらいにイヤだったけれど、一応表面上は大人な対応として、私も手を出して握手をしました。

その時の まーくん の手の感触は、少し冷たくて、特に電流のようなものも流れてくるわけでもなく、私の肌にすっとなじみました。

でも、その手をすぐに私の方から離して、意識して彼との距離を開けて、オートロックで閉まってしまったドアを開けました。

 

ガチャリ・・・

 

オートロックのホテルのドアを開けると、目の前にはプラムさんと、他の参加者の男性が荷物を持って立っていました。

部屋の中で長話をしたり、感情を振り乱すようなことをせずに、まーくん から物理的な距離を離してよかったと心底思いました。

なぜなら、部屋の中で二人だけの変な時間を、周囲に疑われたくなかったからです^^;;;

 

そして、何事もなかったように、私たちの部屋には女性たちが全員揃い、アメリカ最後の夜を過ごして就寝することになります。

 

翌朝は、確か朝の6時頃にはもう出発でした。

まだ夜が明けないうちに、スーツケースをまとめて、空港に向かうバスに乗ります。

空港に到着しても、まだ夜は明けていませんでした。

スーツケースを預けて、手荷物のセキュリティチェックを済ませて、飛行機の出発まであと2時間近く余裕ができました。

ホテルの朝食開始前に出発したので、空港内のフードコートで軽食を取ることになります。

 

その時、私の手荷物は子どもの着替えも入っていたので、結構重くて、それを抱えるようにしていたのですが、ふいに私の視界に まーくん の手が飛び込んできました。

私は右手で、荷物が詰まったボストンバッグを持っていたのですが、私の右手を外側から まーくん の手が包み込むように触って来るのです。

私は内心、飛び上がるほどびっくりして(*_*)、、、でもそれが表情に出ないように意識しながら、何でもないように真隣にいる まーくん を見ました。

我ながら結構女優だったと思います^^;;;

 

「ん?」
※「ん?」じゃないだろ、と自分でも思って、心の中でセルフツッコミを入れたのですが、それ以上言葉を出す余裕がありませんでした

「荷物重いでしょ?この荷物持ってあげるよ」

 

まーくん はそう言うわけですね。

それなら、いきなり手を触るのはやめてほしいなと思った瞬間、私はちょっとだけ自分の手を引っ込めようとしたのですが、まーくん ががっちり私の手とバッグの持ち手を握っているので、振りほどけませんでした。

そこで、しょうがなく、

 

「あ、ありがとうございます。それならうれしいな♪」

 

と、一応女子として男性の心遣いに感謝するオトナなスタンスで甘えて、手を離して荷物を渡します。

 

今の、強烈にびっくりしたんだけど(+_+)

 

と、100メートル短距離走を猛ダッシュ直後のような自分の心臓の鼓動を感じながら、お土産を買うという名目で まーくん と少し距離を置いて自分の安全地帯を確保していました。

そしていよいよ搭乗のアナウンスが開始する、という時に、アメリカで見る朝の太陽が顔を出してきました。

きっと、何度も海外旅行をしている方には当たり前の風景かもしれませんが、その時の私にとってはとても新鮮な景色でした*^^*

 

綺麗だな~と思って、何枚か写真を撮影して、乗り継ぎのサンディエゴに向かうこととなります。

 

 

 

つづく

 

 

 

※いよいよ次回、私が「ツインソウル」という単語を知る不思議体験に遭遇します。しかも、まーくん と一緒にいる時に起きるという、宇宙がセッティングしたよね?と思うしかない事態がどんどん起きてくるのです。

 

 

 

ツインレイ男性が本音でセックスを語る!!
大人気連載「THE SEX」を
最初(第1回)から読みたい方はコチラ



ツインレイ TRUE HEARTS 公式サイトは今、何位?
↓↓↓↓
にほんブログ村 恋愛ブログ ソウルメイト・ツインソウルへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
応援よろしくお願いいたします!





SponsordLink




本業が多忙につき
大好評メニューのみココナラさんで再開♪

対面セッションだと
50,000円(税別)のところ
お気軽メール相談サービスなら
80%オフ!の10,000円!

【メガ盛り】3往復メッセージで
多くの方々に、おかげさまで
ご満足いただけてます♪♪
↓↓↓↓
実績600件以上!ツインレイ統合に必要な3つの習慣を伝授!再会を実現するあなただけの台本を作ります!
※「ラブラブツインレイ」と検索で
密かに人気爆発中の1日2名様限定
ココナラさんでTRUE HEARTSの電話メニュー
も探してね♪



夏の美肌習慣はシークヮーサーで♪
果皮エキス入りで最強アロマ効果抜群♪

私のシークヮーサー体験談はこちら


まーくんも1年半前ここに相談しました
今なら10分間無料鑑定キャンペーン中!
↓↓↓↓

仕事運&恋愛運、共にその後急上昇した
ことはご存じの通りですよね〜♪
※経験者は語る!!(武士の気愛)


-「ツインレイ(ツインソウル)との再会」本編
-, ,

ツインレイとの再会 INDEX

twinray_16 1
「ツインレイ(ツインソウル)との再会」作品INDEX&サイトマップ

↑↑↑↑ まーくんも1年半前ここに相談しました 今なら10分間無料鑑定キャンペー ...

error: Content is protected !!