THE SEX

【第14回】真のパートナーと出逢うための7つの極意 - 其の弐|THE SEX

2018/01/29



【キャンペーン中!】
2018年秋冬の最新恋占いならココ!!



ココをクリックしてくださる
あなたに幸せが訪れるように
毎朝まーくんが念を込めています!
※TRUE HEARTS がその模様を確認済
↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 恋愛ブログ ソウルメイト・ツインソウルへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


まーくん(まいたけ)です。

『THE SEX』第14回をお届けします。

前回から "真のパートナーと出逢うための7つの極意" と題し、一つずつ最高のセックスパートナーと出逢うための極意を順を追ってお伝えしているのですが、

「妙に重いタイトルを付けちゃいましたね、まいたけさん...」

って、あなたはお思いになられたかもしれませんね。

私は、決してそんなことはないと思っています。

この『THE SEX』に描かれたセックスを、愛する相手と心の底から堪能するために、"極意の伝授" は絶対に必要だと声高らかに断言したいです。

ここで、本題に入る前にちょっとあるデータを公開しましょう。

これは、日本家族計画協会という一般社団法人が毎年調べているセックスレスに陥る割合の推移です。

おわかりになりますとおり、毎年セックスレスの数は増加傾向にあることがわかります。

もっと具体的な数値をご紹介しましょう。

あなたは、日本人の年間平均のセックスの回数って、どの位だと思いますか?

 

平均48回/年間

 

なんだそうです。1年は大体52週になりますので、この結果は、1週間に1回以下のセックスが日本人の平均ということになるわけです。

 

「あなたは週にどの位、セックスしていますか?」

 

って、こんな質問を平気であなたへ投げることが出来るほど、私は無神経ではありません。

ご存知のように、私自身は10年以上も異性との性行為ナシという連続記録を樹立させていたわけですからね。

ですので、もしも、あなたが今、パートナーとの性行為が皆無な状態で、上記のグラフや数値を見ていたとしても全く気にしなくて大丈夫です。

 

"私のような連続記録をお持ちなお方の連続記録を阻止する"

 

このことも、私の使命だと感じております。

ですので、こうして私自身が考案する秘伝のレシピを伝授しているわけです!

ちなみに、本当に自慢ではないので報告しちゃいますが、"私は毎日 TRUE HEARTS とセックスしています"

これ、私達は既に当たり前の日課としてお互いが理解し合っています。

ご飯を食べるのとか、夜寝るとか、、それと同じです。

歯を磨くとか、顔を洗うとか、、そんな感じと同じなんです。

でも、毎回、セックスをしていて思うことは、セックスというものは "本当に深い" ということです。

ここも強調しておきたいと思います。

決してマンネリではないということですね♪:-)

よく「毎日セックスをすると飽きちゃうんじゃないですか?」って思われるお方もいらっしゃるようですが、それはパートナー次第だと思います。

是非とも、この『THE SEX』を熟読して、毎日、究極のセックスを極楽浄土へ行くまで続けられる相手を探してください。

もうお相手が見つかっているお方は、そのお相手と私達が提唱する "毎日究極のセックス・パートナー" になる関係を築いて行っていただきいと願っています。

では、【真のパートナーと出逢うための極意 - 其の弐】をお届けして参りたいと思います。

 

 

【真のパートナーと出逢うための極意 - 其の弐】相手の可能性を信じる

 

「ん?まいたけさん、その極意って、前回お話した内容なのでは??」

 

と思われたお方もいらっしゃるかと思います。

違いますよぉ~

よぉ~~く、タイトルを見てみてください。

前回は、"自分" だったと思います。

今回は、"相手" となっていますでしょw

自分の可能性を信じる』が前回の極意ですが、

相手の可能性を信じる』が今回 "其の弐 の極意" となります。

しかし、ここって別にセックスに限った話ではないですよね。

 

「自分の可能性を信じ、相手の可能性を信じる」

 

この言葉は、心理学やコミュニケーション力を身に付ける類いの教科書には必ず出てくる言葉です。

"セックスが究極のコミュニケーション" であることは、オトナなあなたならば説明不要ですよね?

ということは、心理学を学ぶ上で出てくる「自分の可能性を信じ、相手の可能性を信じる」ということは、ここでは絶対条件であることはご理解いただけると思います。

ちなみに、補足しておきますが、これには順番があります。

まず、自分の可能性を信じる。

これは、前回の "極意" でもお伝えしていますが、自分の可能性を信じることが出来ない人は、相手の可能性なんてまずもって信じることなんて出来っこありませんからね。

もっと、嫌な言い方をすると、"相手を疑っている" というわけですよね。

 

ここの意味がよく理解できないというお方は、もう一度 前回の極意 を読み直してからここにいらしてください。

 

あなたは、お相手のツイン男性のことを信じていますか?

 

 

『 "信じる" ではなく "信じ切る" 』これこそが "TRUE HEARTS スタイル" と言いたい

 

ここから先のお話に入る前に、あなたにお願いがあります。

もしも、あなたが他のツインレイサイトを読んでいたり、占いやタロット等を信じてるのでしたら、ここから先で、私がお伝えすることをご自身の中へ取り入れてみたいと思った場合には、本章の結果が得られるまでは、他の全てのことを止めていただきたいのです。

これは、他のサイトや占いを信じてはいけないと言っているのではなく、私がこれからお伝えすることに一点集中し、そこにエネルギーを注入していただいから言っているのです。

それほどまでに、相手を信じるということは、簡単なことではないと私は思っていますし、相方 TRUE HEARTS も「まーくんのこと信じてるよ」と口にはしてくれていたものの、結構な期間、ブレていた時期があったのです。

ここで、前提としては、あなたの可能性をまずは信じ切る、具体的には「私は成功する」「私はツインレイ男性と結ばれる」ということを宣言ではなく、断定(※)させていただくことが絶対条件であることも併せてお伝えしておきます。

※:物事にはっきりした判断をくだすこと

 

よろしいですか?

 

それでは、お話を進めて参りたいと思います。

まず、言葉の定義から入ります。

これは、私が他の記事やツイッターでも頻繁に発していることなので、馴染みのことかもしれませんが、

 

"信じる" レベルではNG。"信じ切る" レベルで相手のことを捉える。

 

信じる ≠ 信じ切る

 

信じる < 信じ切る

 

だということです。

ちなみに、このおおなり記号(<)は、とてつもなくバカでかいです。

 

"信じ切る" ことが、TRUE HEARTS スタイルであると、ここで宣言させていただたいと思います。

 

 

"信じ切る" とは?

 

では、一体、相手を信じ切るとはどのような状態のことを指すのでしょうか?

ここは、あなたにも一緒に考えていただきたいです。

 

まず、質問です。

 

  • 「あなたは、ツイン相手からのLINEメッセージが既読スルーされたら不安になったりしていませんか?」
  • 「あなたは、ツイン相手から約束を破られたりして、傷付いたりしていませんか?」
  • 「あなたは、ツイン相手の家族が良好な関係を築いている姿を見て、落ち込んだり、嫉妬したりしていませんか?」
  • 「あなたは、久しぶりに再会できたツイン相手の態度に怒りを覚えたりしていませんか?」

 

これ、一言で表すと何と言います??

 

"見返り"

 

ではありませんか?

 

そうです。

 

あなたは、ツインの相手からの見返りを求めているのです。

 

ここで、あなたへ次の言葉をぶつけてみたいと思います。

 

"信じ切る"

 

今、どんな感情があなたの中で芽生えていますか?

とても自分自身が、恥ずかしくなっているのではないでしょうか?

 

それは、あなたが "信じ切る" ではなく、恐る恐る「あなたのこと、信じてるょ...」と、言葉の後半は蚊の泣くような声になって私の元へ届いているように思えるのです。

 

それでは、"信じ切る" ということが、どれほどまでに覚悟の居るものなのかを、ここから先、お伝えししたいと思います。

 

 

"私は、あなたのことを信じ切っている" 最初にこの言葉を発したのはどっちだったの?TRUE HEARTS??それともまーくん??

 

このタイトルの言葉を最初に発したのは、私(まいたけ)です。

その後に、この言葉の意味(当記事に書いている内容)を TRUE HEARTS に伝え、今では彼女もこの言葉の意味を噛みしめて一緒に生活しています。

おそらく、彼女がこの言葉を自分自身の中に落とし込めていなかったら、私との共同生活は始まっていなかったように思います。

それほどまでに、この "信じ切る" という言葉には、"重み""深さ" があるのです。

 

それでは、まず最初にこの言葉を発した当時の私の状況を、ここでお話ししておきたいと思います。

当時の私は、ぶっちゃけ、人のことを信じるということが出来ない心理状態に陥っていました。

その当時、私は起業したばかりで、何をやっても事業が上手く行きませんでした。

このように書くと、「事業で失敗し、自暴自棄に陥ってしまったのね」と思われるかもしれませんが、そうではありません。

事業で失敗した時に、それまで私のことを慕ってくれていた多くの仲間が、皆、私の元から露骨に去って行ったのです。

これが原因で、私は人間不信に陥ってしまったのです。

SponsordLink


それまで多くの時間と手間を掛けて、仲間のモチベーションやヤル気を起こさせるために、個別コンサルやセミナー等、全国を東奔西走していたのですが、"人を信じる" ということの難しさを痛感していました。

ましてや、こうした状況の中で、一番強い不信感を抱かれてしまったのが、元妻だったわけです。

元妻は、私に対して三行半を突き付けて来ましたので、もう本当に誰を信じて良いのか、何をやれば良いのかすらも見失い掛けていました。

大切な子どもも、元妻側に加担されてしまったことで、私は一人孤独と戦っていた状況でした。

そんな時に、TRUE HEARTS の私のことを想う気持ちを知ったのです。

そして、それと同時に、ある事業が少し上手く行きかけたのです。

この "ある事業" が上手く行き始めたのは、TRUE HEARTS のお陰では無かったのですが、今思えば、当時の自分を遠くから支えてくれていた唯一の女神が彼女だったことは間違いありません。

私の最後の力を振り絞る気力を与えてくれていたのは、他でもない TRUE HEARTS ただ一人だったのです。

彼女は、

 

「まいたけさんなら絶対に成功できるよ」

「まいたけさんには底知れぬ力と才能があるよ」

 

と、挫折の連続で全ての自信を失い掛けていた私に対して、このようなエールと笑顔を届けてくれました。

そして、"ある事業" が、少しずつ調子が良くなってきて、私の会社は、赤字から脱却を果たせたのです。

私の心は少しずつ満たされていきました。

そして、少しだけ、本当にほんの少しだけ心に余裕が生まれてきました。

この時に、上手く軌道に乗ってきた "ある事業" をもっと拡大化させたいと思うようになり、仕事上で信頼していた彼女にこの事業へのサポートをお願いしたのです。

彼女は二つ返事で快諾してくれ、そこからは更に会社の売上は上がって行きました。

私は彼女がエールを送り続けてくれたお陰で、自分の潜在的な才能に気づくことができ、この分野ならまだまだ成功できる可能性が充分にあると手応えを感じました。

私は失った自信を取り戻すことができ、自分を信じる、いえ、自分を "信じ切る" ことができ、ここで、ようやく心の平常心を取り戻すことが出来たのです。

この経験によって、私自身の中で変化が起きました。

 

"これからは自分自身を安売りすることは止めよう"

 

と誓ったのです。

私は、自分の会社の売上が軌道に乗ったことを、誰にも一切口外せず、ひたすら彼女と二人三脚で売上を伸ばし続けて来ました。

インターネットビジネスのコツが掴めたのもこの頃でした。

インターネットビジネス業界に身を置いて、既に5年が経過していました。

私に三行半を下して去って行った知人や元妻にも、私の会社の売上がV字回復したことを伏せ、その後もコツコツとひたすら努力を続けて完全に事業を軌道に乗せることが出来たのです。

 

そして、ここで初めて仕事以外のことを考える余裕が出来るようになり、"彼女の気持ち" を客観的に捉えることが出来るようになってきました。

 

この時点で、私の中では彼女に対する感謝の気持ちしかありませんでした。

 

  • 「TRUE HEARTS は、オレのことを本当に想ってくれている女性だ」
  • 「彼女は、試練を一緒に乗り越えてくれたんだ」
  • 「彼女は、今どんな気持ちでオレのことを捉えてくれているのだろう」

 

そんなことを考えるようになってきました。

それと同時に、私の中で性欲が出てきていました。

会社の売上が伸びない時は、性欲も落ちることは説明しなくても分かると思います。

会社の売上が伸び、心が平常心に満たされ始め、私は精神的にも肉体的にも満たされてきました。

 

「彼女とセックスできたら気持ちがイイだろうな」

 

本当にこのような安易な想いがスッと私の中へ入り込んで来て、このことが実現できたら、この先はもっと幸せになれそうだなと思いました。

これまで、仲間(他人)の幸せに目を向けていた私が、自分に目を向けることが出来るようになったことで、このような思考に生まれて初めて辿り着けたのだと思います。

私は、この気持ちをどうコントロールすべきを考え始めました。

彼女が私のビジネスの一翼を担ってくれていることは事実ですし、私のほぼ全てを知ってくれている唯一の女性であることは間違いありません。

ここで、思考が次のようになりました。

 

「肉体関係を結んだとしても、彼女は約束を守れる女性だろう」

 

このことは、過去の私の記事にも書いていたことですが、私の心の経緯(いきさつ)について初めて公開しましたので、あなたは新たな気づきがあったのではないでしょうか。

そして、私は彼女に何度も約束を守れるのかということを確認したのです。
※こんなことを書くと、あなたは私のことを卑下されるかもしれません。「ウジウジしている」とか、「なんか自分勝手すぎますよね」とかですね。でも、これまで元妻以外の女性と、男女関係で踏み込んだことが過去一度ない私にとって、ここは慎重を極めなくてはならなかったことだったのです。

彼女は、私の約束を守ると言ってくれました。

 

ここで、初めて私は、"彼女を信じ切る" ということを宣言したのです。

 

このことを彼女へ伝えたところ、最初は私のこの言葉の意味を彼女は理解出来ていない様子でした。

キョトンとした感じでした。

「わかった」とだけ答えてくれました。

 

そこから、私は事あるごとに、彼女へ次のことを言い続けました。

 

  • 「オレが信じ切っているのは、君だけだよ。」
  • 「ようやく人を信じることが出来るようにはなった。そうじゃないと、経営なんて出来ないからね。」
  • 「ただ、もう一度言うけど、信じる人は沢山出来てきているけど、信じ切っているのは、ただ一人、君だけだ。」

 

これは、経営者としての言葉のようにも聞こえるかもしれませんが、私の中ではそうではありませんでした。

 

私の中では、唯一無二の存在、

 

『ツインレイ』

 

が、彼女 TRUE HEARTS ただ一人であることを認めた発言だったのです。

 

 

まとめ

 

「真のパートナーと出逢うための極意」の其の弐(その2)として、

 

『相手の可能性を信じる』

 

をお届けしました。

ここは、とても長いお話になってしまいましたが、私があなたへもっとも丹念に正確にお伝えしたかった部分だったのです。

感じ取っていただけましたでしょうか?

 

たかがセックス、されどセックス。

 

人間がこの世の中に生を成すために、私達の両親が必ず行っていた行為であるにも関わらず、私達人間はこのことに対してとてもデリケートになっています。

もっとシンプルに、もっと素直に表現できれば、世界中の人達、特に日本人の人達は、どれだけストレスなく生きることが出来るのだろうと考えてしまいます。

事実、本章の冒頭で申し上げましたセックスレスが年々増加傾向にあるということは、本来、もっとストレートに物事を考えることが出来る私達人間には、起こるはずのない事実を突き付けられているのではないでしょうか。

と、こんなことをまとめで書いている私ですが、やはり、ツインレイ・パートナーである相方 TRUE HEARTS とは、これまでに述べてきた複雑な心理が絡み合った上で、ようやく今のシンプルなスタイルに辿り着けているわけです。

 

本章のまとめは、このようなことを書きたかったわけではありません。

 

お伝えしたかったことは、"複雑な心理が錯綜した上で、今のシンプルな二人の関係になれた" ことではあるのですが、これではあまりにもまとめすぎていると思います。

あなたが知りたかったことは、もっと具体的なまとめ、すなわち、"相手を信じ切るためのコツ" だと思うのです。

TRUE HEARTS ですらも、ここは "私を信じ切るために紆余曲折" し、ようやくこの意味が彼女自身に落とし込めた部分でもあるわけです。

本章の最後となる、このまとめでは、私自身がどうやって彼女を信じ切れるようになったのか、その部分を箇条書きにまとめてみることで締めさせていただきたいと思います。

あなたは、おさらいの意味でも、一行一行を読み進めてくださいね。

 

私(まいたけ)が彼女(TRUE HEARTS)を "信じ切る" までに至った経緯(いきさつ)

 

  1. 仕事上のパートナーとして相応しい相手であるか判断した
  2. 仕事上での呼吸が一致していたことで彼女への信頼感を高めた
    ※仕事が出来るとか、ミスが少ないとか、納期を守るとかではなく、私と同じ感覚を持つ者であることがわかった
  3. 肉体関係を結ぶことへの秘密を厳守できるのかを確認した
  4. 裸になってお互いのあらゆることを確認し合った
  5. セックスでも同じ感覚を持っていることが確認し合えた

 

以上、ざっとまとめてみました。

1. から 3. までは、経緯を本章の本文で書いていますが、4. と 5. については、本章ではなく『THE SEX』のこれまでの文章をお読みいただければご納得いただける箇条書きとなってしまったことをご了承願います。

 

つまり、私達は決して単なるセックス・フレンド(セフレ)で結ばれたわけではなく、むしろその逆で堅い仕事を通じて、フィーリングを確かめ合った上で、その先へと駒を進めた関係であるということをお伝えしたかったのです。

この記事を読まれているあなたは、相方との関係がまだ深いところまで辿り着けていないというお方かもしれません。

ここは、今回の私の記事を読まれて、安心していただければと思うのです。

それは、まだまだ、あなたは進行中だということを気づいていただきたいからです。

大丈夫です。

必ず山頂に辿り着きますから。

 

 

あなたは、ツインパートナーのことを信じ切れていますか?

 

 

この答えは、もう少しあなたのステージが進んでからで構いませんのでお聞かせ願えればと思います。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

次回、「真のパートナーと出逢うための極意」の其の参も、楽しみに待っていてくださいね♪

 

それではまた。

 

 

まいたけ

SponsordLink


 



【キャンペーン中!】
2018年秋冬の最新恋占いならココ!!




TRUE HEARTS と まーくん への
質問はこちらのLINE@に
お寄せください*^^*
↓↓↓↓

友だち追加



TRUE HEARTS オリジナル♡
『愛のメガ盛り』恋愛カウンセリング
詳細はコチラからどうぞ♪♪



ツインレイ男性がセックスを語る!!
大人気連載「THE SEX」



TRUE HEARTS の感動ストーリー
「ツインレイと再会した私の軌跡」



ココをクリックしてくださる
あなたに幸せが訪れるように
毎朝まーくんが念を込めています!
※TRUE HEARTS がその模様を確認済
↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 恋愛ブログ ソウルメイト・ツインソウルへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
ポチポチっとありがとうございます!





SponsordLink



シークヮーサーでキスできる唇になった
TRUE HEARTS の体験談♪♪



PVアクセスランキング にほんブログ村


-THE SEX

ツインレイとの再会 INDEX

1
「ツインレイ(ツインソウル)との再会」作品INDEX&サイトマップ

【キャンペーン中!】 2018年秋冬の最新恋占いならココ!! ココをクリックして ...